進化するコーヒーを語ろう

今年、サッカー王国ブラジルで FIFAワールドカップが開催されています。

ブラジルは、コーヒー生産国として世界第1位、消費国として世界第2位の国です。

 

私がコーヒーを始めた1985年頃、ブラジルは「サントスNo.2」が一番良いランクだといわれていただけで、

現在のような、生産地情報などない時代でした。1999年ブラジルで最初の国際品評会が開催されました。

コーヒーの味覚をワインの世界のように評価する方法が始まりました。

その後、コーヒーのおいしさは、農産物としてのコーヒー(種の植え付けから収穫)から

精製(精選)、保管、輸送、焙煎、粉砕、抽出までのすべての段階における

品質管理によって創られるという考え方が浸透してきました。

栽培品種の多様化、精製・精選方法は、進化し、より個性豊かなコーヒーが生まれています。

 

コーヒーの農業技師として「コーヒーハンター」として一年の大半を生産国で過ごされる川島良彰氏に、

進化するコーヒー産地事情についてご講演いただきます。

また、コーヒーの「おいしさ」の秘密も、科学的に分析され、数値化できる時代になりました。

日々、品質管理、味覚分析をされている「コーヒー博士」石脇智広氏に

「おいしさ」を科学的に平易に解き明かしていただきます。

コーヒーを愛する仲間が集い、共に「おいしいコーヒー」の進化を学び、語りあう時間を過ごしたいと考えます。

コーヒーを愛するすべての方へ、心よりご参加を呼びかけます。

自家焙煎 珈琲工房ひぐち  樋口 精一

進化するコーヒーを語ろう

今年、サッカー王国ブラジルで FIFAワールドカップが開催されています。ブラジルは、コーヒー生産国として世界第1位、消費国として世界第2位の国です。私がコーヒーを始めた1985年頃、ブラジルは「サントスNo.2」が一番良いランクだといわれていただけで、現在のような、生産地情報などない時代でした。1999年ブラジルで最初の国際品評会が開催されました。コーヒーの味覚をワインの世界のように評価する方法が始まりました。その後、コーヒーのおいしさは、農産物としてのコーヒー(種の植え付けから収穫)から精製(精選)、保管、輸送、焙煎、粉砕、抽出までのすべての段階における品質管理によって創られるという考え方が浸透してきました。栽培品種の多様化、精製・精選方法は、進化し、より個性豊かなコーヒーが生まれています。コーヒーの農業技師として「コーヒーハンター」として一年の大半を生産国で過ごされる川島良彰氏に、進化するコーヒー産地事情についてご講演いただきます。また、コーヒーの「おいしさ」の秘密も、科学的に分析され、数値化できる時代になりました。日々、品質管理、味覚分析をされている「コーヒー博士」石脇智広氏に「おいしさ」を科学的に平易に解き明かしていただきます。コーヒーを愛する仲間が集い、共に「おいしいコーヒー」の進化を学び、語りあう時間を過ごしたいと考えます。コーヒーを愛するすべての方へ、心よりご参加を呼びかけます。

自家焙煎 珈琲工房ひぐち  樋口 精一

進化するコーヒーを語ろう

今年、サッカー王国ブラジルで FIFAワールドカップが開催されています。

ブラジルは、コーヒー生産国として世界第1位、消費国として世界第2位の国です。

私がコーヒーを始めた1985年頃、ブラジルは「サントスNo.2」が一番良いランクだといわれていただけで、

現在のような、生産地情報などない時代でした。

 

1999年ブラジルで最初の国際品評会が開催されました。

コーヒーの味覚をワインの世界のように評価する方法が始まりました。

その後、コーヒーのおいしさは、農産物としてのコーヒー(種の植え付けから収穫)から

精製(精選)、保管、輸送、焙煎、粉砕、抽出までのすべての段階における

品質管理によって創られるという考え方が浸透してきました。

栽培品種の多様化、精製・精選方法は、進化し、より個性豊かなコーヒーが生まれています。

 

コーヒーの農業技師として「コーヒーハンター」として一年の大半を生産国で過ごされる川島良彰氏に、

進化するコーヒー産地事情についてご講演いただきます。

また、コーヒーの「おいしさ」の秘密も、科学的に分析され、数値化できる時代になりました。

日々、品質管理、味覚分析をされている「コーヒー博士」石脇智広氏に

「おいしさ」を科学的に平易に解き明かしていただきます。

 

コーヒーを愛する仲間が集い、共に「おいしいコーヒー」の進化を学び、語りあう時間を過ごしたいと考えます。

コーヒーを愛するすべての方へ、心よりご参加を呼びかけます。

自家焙煎 珈琲工房ひぐち  樋口 精一

第40回 コーヒーサロン

「進化するコーヒーを語ろう」

 

日 時: 2014年8月20日(水)13:00〜16:15

会 場: 中部学院大学 各務原キャンパス1F 大講義室

テーマ: 進化するコーヒーを語ろう 〜 From seed to Cup

定 員: 200名

入 場: 無料

申 込: インターネット・珈琲工房ひぐち店頭にて承ります

 

応募者多数のため募集を締め切りいたしました。

キャンセル待ち等は、TEL 090-4195-9242までお問い合わせください。

第40回 コーヒーサロン

進化するコーヒーを語ろう

 

日時:2014年8月20日(水)13:00〜16:15

会場:中部学院大学 各務原キャンパス1F 大講義室

定員:200名(入場無料)

 ドリップバッグのプレゼントと試飲サービスをご提供するため、エントリーフォームまたは珈琲工房ひぐち店頭にて事前申込をお願いいたします。

第40回 コーヒーサロン

「進化するコーヒーを語ろう」

日時:2014年8月20日(水)13:00〜16:15

会場:中部学院大学 各務原キャンパス1F 大講義室

定員:200名(入場無料)

 ドリップバッグのプレゼントと試飲サービスをご提供するため、

 エントリーフォーム、または珈琲工房ひぐち店頭にて事前申込をお願いいたします。

中部学院大学 各務原キャンパス1F 大講義室

 

住所: 岐阜県各務原市那加甥田町30-1


電話番号:058-375-3600


ホームページ:http://www.chubu-gu.ac.jp


駐車場:キャンパス内100台(満車の場合は周辺の公共駐車場をご利用ください)

  • 第1駐車場:キャンパスゲート右のコンクリート駐車場
  • 第2駐車場:キャンパス運動場
  • 第3駐車場:健康科学センター裏、中部学院学生用駐車場

>>地図が表示されない場合はこちらから

 

中部学院大学

各務原キャンパス1F 大講義室

住所: 岐阜県各務原市那加甥田町30-1

電話番号:058-375-3600

ホームページ:http://www.chubu-gu.ac.jp

駐車場:キャンパス内100台

(満車の場合は周辺の公共駐車場をご利用ください)

  • 第1駐車場:キャンパスゲート右のコンクリート駐車場
  • 第2駐車場:キャンパス運動場
  • 第3駐車場:健康科学センター裏、中部学院学生用駐車場

マップが表示されない場合はこちらから

 

中部学院大学 各務原キャンパス1F 大講義室

 

住所: 岐阜県各務原市那加甥田町30-1


電話番号:058-375-3600


ホームページ:http://www.chubu-gu.ac.jp


駐車場:キャンパス内100台(満車の場合は周辺の公共駐車場をご利用ください)

  • 第1駐車場:キャンパスゲート右のコンクリート駐車場
  • 第2駐車場:キャンパス運動場
  • 第3駐車場:健康科学センター裏、中部学院学生用駐車場

>>地図が表示されない場合はこちらから

満席のため募集を締め切りいたしました

キャンセル等で若干の空きが出る場合もありますので、

参加希望の方は、珈琲工房ひぐち TEL 090-4195-9242まで

直接お問い合わせください。

たくさんのご参加 お待ちしております

当日は講演会の他、ウエルカムコーヒーや試飲サービス、

ドリップバッグのプレゼントもありますので、

事前にエントリーフォームから

お申し込みください。

たくさんのご参加 お待ちしております

当日は講演会の他、ウエルカムコーヒーや試飲サービス、

ドリップバッグのプレゼントもありますので、

事前にエントリーフォームからお申し込みください。